ユーグレナ(ミドリムシ)の栄養成分の効果・効能は?ダイエットにも!

最初にミドリムシと聞いたとき、えーっ、虫…?と思いました。どんなに体に良くても虫だけは口にできないなあと本当に思いましたね。それがユーグレナと言われると、え?ユーグレナ?なあに、それ?となるのですから、名前のイメージってすごいですよね。

ミドリムシというと動物ですがユーグレナというとがぜん植物のような気持になるではありませんか。そうなんです、ミドリムシは動物的性質を持ちながら、同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行うのです。専門的に言うと単細胞生物は動物と植物の区別が難しいのだそうです。とにかく虫であって虫ではないらしいですね。このミドリムシ、栄養補助食品として実用化されているだけでなく、バイオ燃料や飼料、プラスチックの生成の材料などとしても使われているんだとか。知れば知るほど、なんだかますますわからなくなりますね。。

今回の記事ではに関する以下の疑問を解消できます。

ユーグレナ(ミドリムシ)とは?

ユーグレナ(ミドリムシ)の栄養成分は?

ユーグレナ(ミドリムシ)の効果・効能は?

Sponsored Link

ユーグレナ(ミドリムシ)の栄養素って?

ユーグレナ ミドリムシ 栄養素

ミドリムシはなんと59種類の栄養素を持っているのです!14種類のビタミン、9種類のミネラル、18種類のアミノ酸、EPA・DHAという不飽和脂肪酸、パラミロンと言う特殊成分等です。これだけあると一つ一つ取り上げられませんからあまり聞きなれない成分であるパラミロンについて詳しく見ていきます。

実は、パラミロンは地球上でミドリムシだけが持つといわれるとても貴重な成分なのです。無数の穴を持ち、わかりやすく言えば炭のようなものだそうです。炭のように中性脂肪やコレステロールのような不要物を吸い取ってくれるのです。消化されにくい性質も持っているので食物繊維のような働きもするのだそうです。とにかく様々な働きをするので機能性食品として活用することが期待される食品といえます。

ユーグレナ(ミドリムシ)の栄養素の効果・効能は?

アディポネクチンという善玉ホルモンが人体には存在しますが、これは内臓脂肪が増えると逆に減少するといわれています。このアディポネクチンはスーパー健康ホルモン、長寿ホルモン、若返りホルモンなどと言われているのですが、このアディポネクチンがミドリムシを摂取することで増加することが分かっているのです。前出のようにミドリムシの栄養素は驚くべき種類ですがこれも体内に吸収できなければ宝の持ち腐れです。しかし、このミドリムシ、驚異の93.1%という吸収率を誇るのです。一般の食べ物はよく噛んでも40パーセント前後ですからこれはすごい数値ですよね!驚くほどの栄養素の種類とミドリムシだけの特殊な成分を持ち、しかも吸収率が抜群。アンチエイジングも成人病予防も美容効果も何でもあり!これぞ本当のスーパー食品ですね!!

まとめ

ユーグレナ ミドリムシ まとめ

・ユーグレナ(ミドリムシ)はパラミロンという固有の栄養成分をもつ

・ユーグレナ(ミドリムシ)は特にアンチエイジングにおいて大きな効果を発揮する

ミドリムシは主にユーグレナとして製品化されています。サプリメントはもちろん、化粧品、食品は緑汁、カンパン、お塩、ドッグフードもあるそうです。燃料にも資料にもプラスチックにもなんにでもなるミドリムシ。今後の研究でまだまだ活用の幅が広がることでしょう。ミドリムシがこれからの私たちの暮らしを支える時が来るのかもしれませんね。

虫は嫌だと思っていましたが、これからは考えを改める必要があるのかな・・と悩んでいます。ユーグレナなら許せるかもしれませんね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る