カカオの栄養成分の効果・効能は?チョコレートでダイエットも!

誰もが好きなチョコレートやココアの原料であるカカオ。一つ食べ方を間違えると、太ってしまう可能性もありますが、実はダイエットにも活かせるんですよ!カカオのその驚きの秘密を紐解いていきましょう。

今回の記事では以下のカカオに関する疑問が解決できます。

カカオの栄養成分は?

カカオの効果・効能は?

カカオでダイエットするには?

カカオの食べ方は?

カカオの栄養成分は?

カカオ 栄養成分

まずは、成分名を挙げてみます。代表的な者にカカオポリフェノールがあります。このほかにも、様々な栄養素が含まれています。書き出してみるだけでも、カカオプロテイン、ミネラル(マグネシウム、鉄、亜鉛、カリウム、カルシウム)、食物繊維、テオブロミン、ブドウ糖等と豊富です。産地である西アフリカや東南アジア、中南米では、これらを薬代わりにしていたと言うくらいですから、その栄養価は折り紙付きです。   

カカオの効果・効能を教えて!

カカオ 効果 効能

それでは気になるカカオの効能を見ていく事にします。まず、挙げられるのはアンチエイジングポリフェノールの抗酸化作用によって、老化を遅らせますまた動脈硬化予防にも効果的このポリフェノールにはエピカテキンと言う成分が含まれており、血圧を下げ善玉コレステロールを増やす効果あります。

他にも、カカオプロテインに整腸作用があったりテオブロミンにリラックス効果を高め、ストレスに強い体をつくる効果があったり、鉄分と亜鉛の効果によって、貧血の防止効果があったりと嬉しい効果が盛りだくさん。

また、ココアには冷え性改善の効能があることも実証されています。その力は生姜を超えています。女性にはぜひ、摂取してほしい食べ物ですね!ただ、女性はもちろんですが、肥満の予防、疲労回復等、お父さん達にも、十分役に立ちそうなオールマイティーな効能といえそうです!

カカオにはダイエット効果も?

チョコやココアが、ダイエットに力を発揮してくれるとなると、有難いですね。ただ、チョコの場合、カカオの含有量が70%以上でなければ、逆に太ってしまいますのでその点は注意してください。そういったチョコレートを食前に少し食べておくことによって食欲を減らすことでダイエットができるという寸法です。

小腹がすいた時、チョコ一粒食べるだけで、満腹感を得られたことがある方も多いことでしょう。ドカ食いや食べ過ぎを防ぐ効果がカカオにはあるというわけですね。ちょっぴりの上質な甘さを味わう気持ちが、成功の秘訣でしょう。

カカオはどうやって食べたらいいの?

カカオ 食べ方

  まずは、チョコレートでの摂取。一番分かりやすいですね。これはあくまでも70%以上のカカオを含むチョコレート50g板チョコ100gの半分)理想は25gです。抗酸化作用は数時間持続すると言われています。25gを一日、数回に分けて食べると理想的です。また、ココアはその香りだけでも、リラックス効果があり、味もよし、香りよし、飲んでよしの3拍子がそろっています。インフルエンザ予防にも効果が認められ、まさに、申し分のない飲み物です。

まとめ

まとめ

 アンチエイジングには、大きな味方。カカオポリフェノール。

 ORAC(抗酸化力)の高さは、健康長寿には欠かせません。

 美肌効果ダイエット、貧血防止、抗がん作用、動脈硬化予防等々に加え、生活習

慣病予防の効果が期待されます。

 ココアを飲んでリラックス。ストレスを忘れましょう。

 インフルエンザや冷え性には、ココアを飲んで。ゆとりを持って対処できます。

これだけ栄養価の高い果物ですが、摂りすぎるとまさに逆効果。特に、ダイエットや生活習慣病には、大敵となります。摂取の仕方には十分注意しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る