ビタミンB2の多い食品・食べ物は?働きや効果、適切な摂取量も解説!

ビタミンB2は肌荒れ防止や胃腸の調子を整えるビタミンといわれる栄養素です。

サプリメントとして有名ですが、その詳しい効果や多く含まれる食べ物は知らない方も多いのではないでしょうか。

そんなビタミンB2にまつわる疑問についてまとめました。

ビタミンB2とは?

ビタミンB2の多い食品・食べ物は?

ビタミンB2の働きや効能は?

ビタミンB2の適切な摂取量は?

Sponsored Link

ビタミンB2とは?

ビタミンB2とは?

ビタミンB2は水に溶ける水溶性ビタミンの1種です。

ビタミンB2は主に皮膚や粘膜を健康に整える効果と、糖質やたんぱく質、脂質の代謝を助ける働きがあります。

エネルギーが必要な成長期の子どもや活発に活動する方にぜひ摂ってほしい栄養素の一つです。

ビタミンB2の多い食品・食べ物は?

ビタミンB2が多く含まれている食品は、レバー、うなぎ、海苔、魚肉ソーセージなどです。

キャビアや唐辛子などにも多く含まれますが、量がたくさん食べられませんので、ビタミンB2の補給には適していません。

レバーの中では、豚レバーが一番多く含まれます。

主にビタミンB2が多く含まれる食品の100g当たりのビタミンB2含有量は以下の通りです。

・豚レバー 3.60mg

・牛レバー 3.00㎎

・焼海苔 2.33㎎

・鶏レバー 1.80㎎

・うなぎ 0.74㎎

・魚肉ソーセージ 0.60㎎

ビタミンB2の働きや効能は?

ビタミンB2の働きや効能は?

ビタミンB2には次のような効果があります。

・代謝促進効果

ビタミンB2は補酵素ともいわれ、エネルギー代謝を助ける働きがあります。

そのため、糖質やたんぱく質、脂質の代謝を促進し、エネルギー産出を促します。

エネルギーが必要な成長期の子どもや妊婦の発育に役立ちます。

また、代謝が活発になるため、ダイエット効果も期待できます。

・皮膚や粘膜などの健康維持

ビタミンB2は肌荒れを改善する効果や、肌のターンオーバーを促進する効果があります。

また、胃腸や口腔内の粘膜を健康に保ち、口内炎や口角炎などの炎症を抑える効果があります。

肌だけでなく髪の毛の健康維持にも効果があり、育毛効果も期待できます。

・動脈硬化の予防

ビタミンB2は抗酸化効果が高いため、動脈硬化の原因となる過酸化物質を分解する効果があります。

・眼精疲労予防

ビタミンB2は眼の健康維持にも効果があり、不足すると眼精疲労を引き起こす場合があります。

ビタミンB2の適切な摂取量は?

ビタミンB2の適切な摂取量は?

ビタミンB2は必要以上摂取しても健康に害は無いですが、レバーやうなぎ、卵などカロリーの高いものに多く含まれているので、摂取する際にはカロリーに注意しましょう。

ビタミンB2の1日の推奨摂取量は成人男子で1.6mgで成人女子は1.2mgです。

女性の場合は、妊娠中や授乳中は1.8㎎程度必要と言われています。

ビタミンB2の栄養効果・効能まとめ

ビタミンB2の栄養効果・効能まとめ

ビタミンB2は水溶性ビタミンの一種です。

ビタミンB2はレバーやうなぎ、海苔などに多く含まれています。

ビタミンB2はエネルギー代謝の促進や皮膚や粘膜の健康維持に効果があります。

ビタミンB2は1日に成人男子で1.6mgで成人女子は1.2mgの摂取量が必要といわれています。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る