子宮頸がん(子宮体がん)の症状や原因、検査や治療方法について徹底解説!

子宮がんは、発生部位によって子宮頸がんと子宮体がんに分けられています。両方とも、同じような病質に見受けられますが、細胞の性質が異なり、発性原因、検査方法、治療法も異なっています。

今回はそれらの内容について解説していきます。

Sponsored Link

子宮がん(頸がん)の原因

子宮頸がん 原因

子宮頸がんは、近年では若い女性に増えています。子宮頸部のウイルスによる感染が原因と考えられています。世界的には発展途上国に多く見られる病気です。

最近、全国の自治体は頸がん検診を積極的に勧めています。若い人のがん早期発見に力を入れているのでしょう。

頸がんは子宮の入口の上皮細胞にできます。30~40代で発症しやすいがんですが、20代でも増えていると言うのですから、検診はしっかり毎年受けたいところですね。

また、頸がんは90㌫以上ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関係していると言われています。ただ、これらのウイルスの大部分は一過性の感染(1~2年)で消失するそうなので大きな心配はありませんが、中には発がんに直結すると言われるHPVもあるようなので注意する必要はあります。と言っても、すぐに、がんになる事はありません。徐々に進行しますが、半数は自然に消えます。

子宮がん(体がん)の原因

子宮内膜から発生するがんを子宮体がんと言います。発症しやすさには年齢も影響しているようで、40代後半から50~60歳代の発症率が高くなっています。

子宮体がんは妊娠経験のない人で、閉経前後から増える傾向があります。閉経後の出血は子宮体がんが疑われますので注意しましょう。

それと、危険因子(肥満、高血圧、糖尿病、出産を経験していない、エストロゲン製剤を長期間使用しているなど)がある人も気をつけてくださいね。 

そんな子宮体がんは女性ホルモン(エストロゲン)に依存するタイプと、非依存タイプがあり、依存タイプが大半を占めています。子宮がんが疑われる「陰性」と判断されるのは「不正出血、子宮留膿症、子宮腫大(子宮が腫瘍によって大きくなった状態)などがあります。

万一の場合は、手術が第一選択となります。高齢者などは、放射線療法や化学療法を医師の説明のもとで選択することになります。

子宮がんの手術による治療

子宮がん 治療 手術

どのようながんの手術でも、たとえそれが早期段階であっても不安があるものです。手術の数日前に入院して準備し、家族に見送られて手術室に入ります。全身麻酔を打つと、すべてが頭の中から消えて、宇宙空間を漂っているような感覚に襲われます。4時間、5時間が過ぎて行き、病室にベットのまま運ばれます。

家族の声で、意識を取り戻し「生きている」実感を得ます。

この時から、治療が始まります。担当医師や他の医師たちが朝、夕に巡回して、術後を観察しての、薬などの効きぐあいを調べます。

子宮体がん患者の中には、「自分の子供を産みたい、自分の命を懸けてでも子供を残したい」と妊娠を希望する人もいるそうです。医師とすれば駄目だとは言えないですよね。

手術では、子宮と一緒に卵巣を切除するケースもよくあります。患者の希望で、早期で安全であった場合に、子宮を温存することもあるようです。この場合はホルモン療法を行う対応になるようです。これは子宮内膜のがん細胞の増殖を抑えるホルモンを補充することで、子宮体がんを抑えるのだそうです。この治療法の場合数年後の再発を注意せねばならないので、定期検査は積極的に受けねばなりません。

まとめ

子宮がん まとめ

子宮頸がんと子宮体がんの違いを理解し、自身の状況にあてはめてしっかり対処法を考えることが大事です。

無事、手術が成功して退院すると、静かな気持ちで自分の将来の健康を願うものです。まわりの人達へ感謝の念が生まれます。子供がいれば、きっと誰もが強く抱きしめることでしょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る