卵巣がんの症状と検査(検診)方法は?種類や治療法、注意すべき特徴も!

卵巣がんは、月経回数の多い人に発生しやすいと言われています。毎月の生理が、がんに関連しているとは考えにくいですね。それに人によって生理回数がそんなに違うものなのでしょうか。

今回は卵巣がんの症状や検診(検診)方法、そして種類や治療法、注意すべきポイントなどについても見ていくことにしましょう!

Sponsored Link

卵巣がんの症状と検診(検査)

卵巣がんの症状と検診 検査

卵巣がんは早期には症状がないと言うことが、不安を募ります。

医師の話しでは、検診に訪れる女性の多くは、自分に異常を感じて駆け込むのです。

卵巣がんの症状は腹部膨満感腹部腫瘤などが代表的なものです。

早期発見ならば、手術で完治を目指すことができるので良いのですが、すでに腫瘍が進行して大きくなっている人が多

いと言います。

医学の検診が普及していれば、もう少しは早期発見ができるであろうと考えられますが、現段階ではそこまで卵巣がんに関しては検診が普及していないというのが実情です。

卵巣がんが良性か悪性かは超音波検査やMRI検査などで総合的に判定されます。

判定内容で良質とされるのは「表面がなめらか。しこりがスムーズに動く」、悪性は「表面がでこぼこしていて癒着している」というものです。

それに卵巣がんは、検査で必要な粘膜の組織を採取して検査することが困難だと言われています。

だから超音波検査で良悪のいずれかを判断する必要があるというわけですね。

そして手術で切除したあとで病理検査を行うのです。

さらに良悪はどうか、などの確定診断が行なわれ治療が始まります。

 卵巣がんの特徴

卵巣がん 特徴

月経回数の多い人に卵巣がんが多い、と言われます。

現実に、医学統計でも卵巣がんは妊娠経験のない人に高確率であり、出産経験者では低下するというデータもあるのです。

たとえば妊娠出産の体験をした人は、生理が止まる。

妊娠中と授乳中は生理がない。

子供が2人、3人といれば当然経停止期間が長くなる計算になります。

それだけ免疫力を高める期間が増えて卵巣がんになる危険性が少なくなる、と言うことなのです。

つまり多産系の女性は卵巣がんにかかりにくい、と言うことのようです。

だから生涯での月経回数は減るのです。

かつての親たちは、どの家庭も子供が5人も6人もいて、いつも母親は妊娠しているように見えました。

それは生涯の月経回数が非常に少なかったと言うことになります。

そこには卵巣がんは存在しにくくかった、と解釈できます。

では現代はというと、少子化が進み、娠回数の減少、授乳期間の短縮などで月経回数は増加しています。

月経回数が多いということは、卵巣からの排卵の回数が多いと言うことです。

つまり、独身女性が増えている現代には、卵巣がんは増える傾向にあると言うことができるでしょう。

また、もう一つの卵巣がんの特徴のとして、がんが大きくなる前に、小さくとも転移することがあると言うことです。

特に腹部の中で散乱する腹膜播種が増えているのです。

卵巣がんの種類と治療方法

卵巣がんはその発生した場所によって、

・表層上皮性・間質性悪性腫瘍

・性索間質性悪性腫瘍

・胚細胞悪性腫瘍

の3つに分類されています

実は、日本は欧米に比べて発生率は低いのです。

かし年々、残念なことに、増加傾向にあります。

40歳を過ぎると増え始め、50~60歳代がもっとも多くなっています。

まとめ

卵巣がん まとめ

卵巣がんの特性をいくつか述べましたが、まとめると卵巣の悪性腫瘍は増加傾向にあり、進んで健診を受けるのがもっとも効果的な予防の方法です。

自覚があっても、医師の判定は手術後に行われます。確定診断のためにも手術で卵巣を切除することになるようです。

そして治療後2年間は再発への注意が必要なので、指定された検診は必ず受けるようにしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る