食道がんの症状や原因、検査や手術などの治療方法について徹底解説!

がんの多くは種類やタイプにもよりますが、目立った症状がありません。

つまり自覚症状が出た時には、がんが進行しているという症例も珍しくないのです。

50歳を過ぎたら自分の体にアンテナを張って、早期発見を心掛け、定期的な健診を受けたいですね。

今回はそんながんの中でも食道がんの症状や原因、検査方法や手術法について解説していきます!

Sponsored Link

食道がんはどのような症状なのか

食道がん 症状

食道は人体で大体どの部分かは分かっていても、具体的に理解できている人は少ないのではないでしょうか?

簡単に言ってしまえばそれは口から食べ物が胃に到達するまでの、長さ25㌢~30㌢のパイプです。

食道の内壁は分泌される粘液でなめらかですから、食べた物はスムーズに流れます。

食べ物の重みだけではなく、食道筋層の順次的収縮によって胃に運ばれます。

この食道は、一方通行ですので、逆流防止装置が作動しています。

だから食べ物の逆流は、通常は起きないはずです。

起きればそれは異常と言うことになります。

しかし逆流防止装置がゆるんでくると、食道裂孔ヘルニが診断されます。

胃液や十二指腸液などの消化液が逆流するのです。

これは舌まで逆流して来ると、物凄くからい、にがい液で、のどに付着する程の不快感が残ります。

食道の粘膜に炎症が起きることになりますので、十分な注意が必要です。

がんは、この食道の粘膜に発生するのです。

その原因は、酒、タバコなど食道粘膜への慢性的な刺激だといわれています。

また、食道のがんは割合進行が速く、転移するので、早期の治療が望ましいといわれています。

がんが粘膜内にとどまっている場合は、内視鏡での切除が可能と言われています。

食道がんの原因は何か

食道がんは胃がんや大腸がんに比べると、その頻度は割合低いのですが、悪性度は高く、進行が速いという怖さがあります。

原因は前述のように、50代~60代で、タバコを吸う人や多量に酒を飲んでいる男性に発生する傾向にあります。

そういう患者は、一般に咽喉も喉頭などの頭頸部にもがんが発生しやすいので、耳鼻咽喉科の診察を必要とすることもあるようです。

この食道がんは、のどの当たりなので感覚的にわかりやすいように思われますが、初期は無症状が多いようですので、要注意です。

食べ物や熱い物を飲み込むときに、のどの部分や鳩尾などに違和感やしみる感じがするという症状が報告されているので、このような症状には注意してください。

放置していると、がんが進行して大きくなり、食道の内壁が狭くなってくる。

だから食べ物がつかえるようになるのです。

当然、ここまでくると本人にもかなり自覚症状はあることでしょう。

食道がんの検査、手術による治療などについて

食道がん 検査 手術 治療

がん検診はいろいろとあるのですが、特に食道がんと特定した健診はありません。

胃がん検診で内視鏡検査を行うと、同時に食道は通過点なので検査してもらえます。

胃と食道が同時に内視鏡で検診ができるわけです。

し、検診の医師に申し出ていなければ、食道と気道に分かれる咽喉との境目や、食道の入口に当る頸部食道の早

期がんは発見しにくいです。

食道がんはそのため検査医師が見落さないように意識していないと、見つかりにくい部分だと言われています。

食道がんの検査で内視鏡を使うときは色素を散布して調べる「色素内視鏡検査」があり、これによって発見が早くなったと言われています。

検査台のベッド上で、目の前にモニターが設置してあるので、自分の体内を検索する内視鏡のカメラ目線を見ることができます。

紫色がかった液体を内視鏡の先端から噴出する色素散布です。

またレントゲンは、バリウムを飲んで食道を通過するところを撮影するものですから、これは医師の説明を受けながら、撮影後のフイルムを見ることが出来ます。

しかしこれらは医師の操作や熟練度によるところが大きく、微妙な箇所が見落されることがない、とは言い切れないつらさがあります。

どのような病院に行っても、患者とすれば完全を願うのは当然の考えです。

医師は責務から、もちろん最善の診察と検査をしているはずです。

日本の食道がん研究は世界でもトップレベルだそうですので、信頼するしかありません。

また、食道の手術は、がん切除と同時に食事への影響が大きく出ます。

食道を切除するのですから、当然食べた物が流れなくなります。

退院して、術前のように食事のできるまで回復するには、1~2年の期間が必要です。

これが他のガンと違うところです。

手術は初期の転移のない早い段階では、手術は行わずに内視鏡で病巣の粘膜切除する程度です。

進行していれば、食道がんの手術は、がんの中でも最も大がかりな、大変面倒なもので、その時間は7時間以上も掛かるもの

なのです。

なぜかというと、食道だけの切除手術では済まないのです。

例を上げれば、広い範囲でリンパ節の郭清を行うことから、開胸、開腹、頸部などを切開するのです。

して食べ物の道づくりのために胃を丸めて持ち上げ食道の残部とつなぐ。

術後は人工呼吸器の管理なども必要ですし、かなり大掛かりなものになります。

まとめ

食道がん、まとめ

最近の食道がんは、診断後すぐに手術を行うのではなく、手術前に放射線療法や化学療法を行って、がんを小さくしてから手術を行うケースが増えているようです。

どのようながんも同じですが、早期発見を心掛けたいですね。

そのためにはいかに早く自覚症状を察知するかが肝心ですので、いま一度しっかり食道がんの症状や原因を抑えておきましょう!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る