ギックリ腰の正しい治療・応急処置の方法!症状や原因を知り予防を!

腰痛は実にさまざまな要因で発症します。特にギックリ腰は「魔女の一撃」とも言われるように、不意に痛みが襲ってきます。昨日までは何事もなかったことを思うと不思議な気持ちに襲われるでしょう。

しかし原因のない結果はありません。東洋医学では「未病」という言葉を使います。言葉の意味は「いまだ病気ではない病気」ということです。今の生活習慣を続けているとやがて病気を発症します、という意味でしょうか。生活習慣ですから食事をはじめとして、就寝時間なども含んで生活の全てということです。

そこで今回は私の診察でのギックリ腰の患者さんとのやりとりを簡略化してお伝えしますので、そこからギックリ腰の正しい治療方法・応急処置の仕方、そしてギックリ腰予防のために知っておくべき症状やその原因について学んでいきましょう。

Sponsored Link

ギックリ腰の正しい治療・応急処置の方法を実例から学ぶ

ギックリ腰 治療 応急処置 方法

ギックリ腰: 洗面中に「ギクッ」 疲れると寝腰が痛かった会社員のケース

以下、患者さんと私の会話の再現です。

ギックリ腰の治療・応急処置の仕方

ギックリ腰 治療 応急処置 方法

・・どうしたのですか・・

「腰が痛くて、痛くて」

・・何をしていてこうなったんですか・・

「朝起きて、洗面所で顔を洗おうとしたらギクッとなってしまったんです」

・・ともかく痛みを和らげましょう・・氷と塩と水を入れた氷嚢で患部を冷やします。ギックリ腰では最優先にすべき手当ですよ・・

・・どうですか。冷やすと気持ちいいでしょう・・

「はい、とても気持ちがいいです。ズキンズキンとうずく痛みが減ってきました」

・・急激な腰の痛みはね、冷やすことが決まりなのですよ。覚えおくと良いですね。あなたは朝起きてと言いましたが、この時間までお家でどうしていたのですか・・

「朝、ギクッとなったのですが、動けないほどではなかったのです。それでお風呂に入ったのです。ギックリ腰はあたためるといいときいたことがありますので・・・・」

・・そりゃ、まちがい、無茶ですよ。火に油を注ぐようなもの。腰が急に痛くなったら初めは冷やすのがルールです。でもね、痛みが徐々におさまってきて、ふつう三日もすれば痛みが無くなりますが、そうしたら今度は、温める。これが腰痛を治す順序です・・

「私は逆のことをしてしまったというわけですか。それで急に痛みが激しくなったのですね」

ギックリ腰の前兆となる症状とその原因

・・そういうわけです。ところでどいう仕事をしていらっしゃるのですか・・

「はい。会社で事務の仕事をしています」

・・これまで痛いということはなかったのですか・・

「はい、痛いというほどではなかったのですが、疲れてくると少し腰が重くなったりすることはありました。でも、気にせずに動いているとそのうち忘れてしまうという感じでした。あっ、朝起きるときも、ときどき同じように重い感じがありました」

・・あなたの症状はギックリ腰です。ギックリ腰というものは突然起こるように思っていらっしゃる人が多いのですが、そうではないのです。あなたにもちゃんと予兆があったのです。その腰が重い感じというのがそれです。地震が溜まっていたエネルギーを一気にふきだすように、ギックリ腰になる下地があるのです。腰が重いというのは、腰の周辺の血液循環が悪くなっているのです。うっ血しているのです。

あなたが「気にせず動いているとそのうち忘れてしまう」とおっしゃいましたが、動き出すと重い感じがなくなるのは、筋肉を動かすと血流が良くなるからです。

朝起きるときに重い感じがしたというのは、まだ筋肉を動かしていない状態だからです。これを俗に寝腰が痛いとか重いという言い方をします・・

「そうですか。そう言えばずっと座り続けて事務の仕事をしていても腰が重くなることがありました。会議が長引いたときなども、座っているのが苦痛でしたね」

・・こんな症状はね、運動不足からくる筋力低下が原因の一つです。筋肉は年齢とともに自然に老化し初め、固くなって縮んできます。そうしますと筋肉の間を通っている血管を圧迫するようになるわけですね。それで血液の循環が悪くなる。あなたはお年寄りでもないのに腰が重くなったのは運動不足だからでしょうが、筋肉はお年寄りの身体です・・

「いやぁ、まだ若いと思っていたのに、筋肉は老人ですか。困ったな。これからは、運動するようにします」

・・ちょっと待ってください。運動する前にギックリ腰になった原因の骨格の「歪み」を修復しないとダメですよ・・

この会話を読み返してください。患者さんの話を忠実に再現しました。

ギックリ腰の初期の手当ては、なにはおいても冷やすことです。

まとめ

ギックリ腰 まとめ

□『氷と塩と水を入れた氷嚢で患部を冷やす』・・とにかく冷やすこれが最優先。

□『三日位で痛みが無くなってから、今度は温める』

□『腰痛の7割は筋力の低下から起きる腰痛症です。

□『筋肉トレーニングはまず骨格の矯正から始めます。先に筋力がつくと骨格の修復が困難になります。

□このケースで「未病」の段階は、腰が重く痛いが動き出すと重みや痛みが消える段階までです。この段階で筋肉トレーニングを始めることがベストの予防法です。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

14408938623_7a857155f3_n

2864762601_3fac38f23b_n

14929512628_138679d966_n

6974576497_768ff10572_n

8153970097_9cdああ

4517750888_c7b48e8175_n

images-78

images-97

unnamed

管理人:ふじやん

6974592477_37e208795c_m

学校や職場での会話のネタがなくて困っているというあなたのために当サイトを立ち上げました!

性別や年齢、ジャンルなどに基づいて記事を分類してあるので是非あなたの用途に合わせて当サイトを会話のネタ収集に使ってくださいね!

記事が役立ったらポチッと!

ページ上部へ戻る